愛車よさらば、ディーラーもさらば

13年連れ添った我が愛車、ミラ・モデルノちゃんにとうとう別れを告げた。大きな故障もなく、事故も起こさず、私の多少無茶な運転にも耐えてくれた。車に乗ると人が変わるなどと友人からは言われたが、そんなことはないと思っている。

ただ、一人で乗っている時が多い。そんな時はやはりガンガン運転したいものだ。たとえ超小さい軽自動車でも、ゆるゆる走っている高級車などに目もくれず、わずかな隙間をぬってグングン追い越していく。爽快かつ快感である。

あの有名なハイブリッド車も、外国車もおかまいなしである。まあ、ガンガン走るといっても、やはりたかが軽自動車のエンジンなのでそんなにスピードは出ない。それでも我が愛車のモデルノちゃんはよく頑張ってくれた。

あまり物に執着しない私だが、さすがに感謝で一杯である。車両入れ替えの時、少しは泣くかしら、なんて思ったりもしたが、次に乗るまたしてもミラ(今度はピコちゃん)の納車の時がまたひどいもんだった。

当時はトヨタ系のディーラーに勤めていたので、無論そこから中古車を探して購入するもんだと思っていたが、なんとリストラである。ピッチピチのかわいい新人を入社させるから、アンタはいらない、ということであった。

さすがトヨタの車を扱うだけのことはある。やることが頭一つ分違う。車購入の意思表示の前でよかったと思う。だれが解雇される会社から車を買うものかっ!それに私の望む車は無いだろうとも予測していた。私の望みはただ二つ、マニュアル軽自動車で安価、それだけである。

2000年前後に作られたこのミラ・ピコちゃんは、私のほかにも三組も商談が入っていたらしい。総走行距離4万キロ、四駆、価格は30万円。

意外に需要があるのだと知って少しうれしくなった。最近流行りのおしゃれなかわいいほうに皆気が向くものだと思っていたが。雪国では四駆車は必須である。そして商談の末、私が勝ち取り、廃車費用だのローンの分割手数料だの車検が切れていたので車検代も、となると結局40万円くらいになってしまった。仕方がない。車体の色もなるべく避けたかったシルバー。車体の色までわがままを言っている身分ではないのでこれも仕方ない。

白でないだけマシ。雪国では白い車体は命取りである(ちょっと大げさ)。自分よりも若い営業担当と納車予定日の話をしたのだが、まずそこで意志の齟齬があった、らしい。納車予定は13日、車検やバンパーの修理などもあるから遅くとも翌週の日曜日、と聞いていた。しかし13日の前日になっても納車確定日の電話がこない。

こちらから電話するのもしゃくなので、13日当日まで放っておいた。当日になっても連絡はない。やれやれ、相変わらずぬるい仕事しやがる、と思ってこちらからダイハツに電話をする。担当者はトヨタの研修に言っており不在です、訳が分からない。ダイハツがトヨタの子会社であることは百も承知だが、知らない人が聞いたらやはり訳が分からないだろう。納車予定日に担当者が不在。漫画のような話だ。

他の営業マンが詳細を確認し、折り返し電話させるということになった。結局、担当営業の研修が終わるまで納車確定日は不明のまま放っておかれた。お客様のお車より、会社の研修のほうが大事なのである。どこの会社も抜けててぬるい仕事ばかりだ。

夜遅くにようやくその担当者から電話があり、納車は13日ではなく、”遅くとも翌週の日曜日”のほうだと確信していたらしい。なんで?いつそんなことがバッチリ決まった。私に事前になんの連絡もない。

そしていよいよ別れを告げ、新しい車を迎えようとした納車日、別れもクソもなかった。ただ頭にきていた。納車祝いの小さな花束など、そこに叩きつけたい思いだった。中古車ゆえの劣化は多少仕方ないが、リモコンキーの指を押し当てる部分が割れていた。

私は12年目でようやく割れたが、たかが4万キロしか走っていない車でこんな仕打ち。これ取り替えてくれないんですかと聞いたら、取り寄せに時間がかかりますがいいですか、とのこと。もうどうでもよくなって返事もしなかった。

納車後の1か月点検の予約を迫られたが、一時間もかかるということで遠慮した。一時間、ディーラーで待つのは苦痛である。たかが1無点(1か月無料点検)でなぜ一時間もかかるのか。

モデルノとの別れは何もなかった。ただ新しい中古車に乗ってさっさと帰ってきた。同じミラでも車内のいろいろな操作のボタンが結構違う。そんな説明も一切ナシだった。しばらくしてから、お車の調子はいかがですか?という電話をするのがディーラーでは定説なのだが、そんなものは一切なかった。

後日に郵送されてきた車検証の私の住所も間違っていた。何一つ、きちんと最初から最後までやれないのである。無論、もう二度とあのダイハツには行かない。オイル交換の無料券が2回ほどあるから、せいぜいそれくらいか。

本当はもう二度と足を踏み入れたくないんだけどね。
さて、新しく我が愛車となったピコちゃんは、フルタイム四駆なのでパワーはある。しかしギアがとっても入りづらい!ファーストは力一杯押さないとダメ。いつもスタートダッシュが遅れる。屈辱である。

この走り屋(でもないが)にとって。なんとかなだめすかし、共にまた長い期間一緒に歩んで行こうと思うのだが、やや不安である・・。モデルノはいい子だったなぁ。なめらかに走ってくれたし。などとたまに思い起こす今日この頃である。

車内の広さが最大の軽自動車

 新聞を読んでいると、「ダイハツが車内が軽自動車で最大のワゴンタイプを11月に発売」という記事が出ていました。
私の家の車はダイハツのタントです。6年半前に、子供の誕生を機に購入しました。当時は、「軽自動車なら、子育て世代
にはダイハツのタントかスズキのパレットか」という空気があったように感じました。
 うちは、知り合いにダイハツに勤めている人がいるのと、見た目でタントに決めました。「10年ぐらいで買い換えるのかな?」
と漠然と考えていますが、「同じ車の方が運転しやすいし、ずっとタントのままでもいいかな」と思っていました。ですが、
気持ちは変わっていくものなのでしょうか?
 もし、何かのインタビューで、「最近思いつく軽自動車は?」と聞かれたら、「ホンダのNーBOX」と答えるような気がします。
私は、あまりテレビを見る方ではないのでCMを頻繁に目にするわけでもないだろうし、車好きでもないので、新型車の情報に
敏感な方でもありません。
 最近NーBOXが走っているのを見かける事も多くなってきましたが、取り立てて「良い車だな~」と思った事もありません。
でも、すごく記憶に残っているんだと思うのです。それはCMの作り方が上手いのか、市場へのアプローチが上手いのか、
私には分かりません。「ファッションの世界でも、流行はある程度作為的に作り出されるものだ」と聞いた事がありますし、
もしかしたら、車の流行も知らず知らずの内に作り出されているのでしょうか?
 それなら、「タントでいいかな」と思っていましたが、数年後には考えが変わっているかもしれませんね。今の時点ですでに、
「車内の広さが最大の軽自動車」が生まれるのなら、その方が良さそうに思えます。タントでも、「車高が高いので、そう
圧迫感も感じないしいいかな」と思えたのに、更に広々とするならそれに越した事はありません。
 でも、タントでさえ、高速道路を走っている時に強風や暴風雨に遭遇すると、車体の揺れを感じます。「更に車高が高くなると
怖くないのかな?」とそこは心配です。「重心が高くても安定するように工夫してある」とも書いていますが、そこは気になる
所ですね。
 あと、タントが子育て世代を対象にしているのに対して、新しい車は、レジャーを意識して作られたようです。「レジャーを
意識ってどういう事だろう?」というのも気になります。
 そこまで日頃車に関心の無い私なのですが、この記事にはかなり興味が沸きました。来月が楽しみですね。

パトカーなどお仕事系車について

車に乗って走っていると、パトカーとかタクシー、バス、トラックといったお仕事系の車をいろいろと見かけます。
バスとかトラックとか大型の車はそういう専門の会社が作っているのだと思いますが、パトカーとタクシーについては、トヨタのクラウンが多いように思います。警察やタクシー業界とトヨタが何か契約を結んでいるのでしょうか。そういうプロの業界に食い込んでいれば、トヨタは安泰だろうな、と思いました。クラウンは割と大型でお客さんを乗せるのに適しているということなのでしょうか。

パトカーについては、ミニパトというのがあります。やたらと小さくて可愛いパトカーです。あのパトカーをアメリカ人などが見たりすると驚くのだそうです。「あんなちゃちな車にポリスが乗っていて大丈夫なのか?アメリカなら確実にすぐいたずらされて車が破壊されるぞ。」というのです。

ほんとに、警察があんな可愛い車を使っていられるということ自体、日本は治安が良くて日本人が穏やかであるという証拠なのかもしれません。ミニパトカーを警察が使っているというのは、日本では「小さいものは可愛い、可愛いということは善を象徴する」というような価値観があるせいかもしれませんね。

確かに、アメリカ映画を見ていると、パトカーは当たり前ですがアメ車だし、かなり頑丈で大きくて威圧感があります。それぐらいでないとアメリカの不良にたちうちできないのかもしれません。日本では、あまり警察官などが威嚇したりすると、すぐに批判が集中しますから、ミニパトカーなどに乗って、「自分たちは威嚇したりしない、可愛いパトカーに乗った善のポリスです。」とアピールしているのかもしれません。

捜査用には覆面パトカーというのもありますが、それもクラウンが多いという噂ですね。ぱっと見はパトカーとは分からないようにしていて、交通違反に目を光らせている警官が乗っているわけですが、いつぞや覆面パトカーが正体をあらわした現場を目撃したことがあります。

ごく普通の車に、パトカー特有のくるくる回る電気が屋根についていて非常事態を知らせていました。「あ、あれが覆面パトカーだ。」と息子が言っていましたが、ぱっと見普通の車でしたね。クラウンだったかどうかはよく見えなくて分かりませんでした。

でも、それに似た車種であったと思います。ちょっとずるいかもしれませんが、そういう覆面パトカーみたいなお仕事系の車も普通に車道を走っているわけですね。

笑顔の向こうに見える景色〜私の考えるオープンカーの魅力

沖縄で念願のリゾートウエディングを挙げた私、ウエディングドレスで乗った車は「マツダロードスター」だった。今でも結婚式の話題が出ると必ず、私たちの傍らにあの素敵な白い車を思い出す。屋根をオープンにして、頬に南国の熱い太陽とさわやかな風を感じながら、海辺の眩しい風景の中を笑いながら走り抜けた。瞳を閉じると、私たちの特別な思い出が今も鮮やかによみがえる。当時は都内に住んでいたので、日焼けや渋滞での人目がどうしても気になって、オープンカーというものに全く興味も関心もなかったけれど、ロードスターに乗ってみて初めて「車って屋根がないだけで、いつもとこんなに世界が違って見えるんだ!」とその魅力に気がついた。笑顔の向こうに見えた沖縄の美しく豊かな自然があんなに感動的だったのも、もしかしたらオープンカーのおかげかもしれない。

元々私は車のメーカーにすら疎い人間だったはずなのに、それからは街行く車を眺めるのが大好きになった。結婚後に購入した車は「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を二人で選んだ。荷物がたくさん積めることと、安全性の高いしっかりとした車である事にこだわって探したつもりだ。デザインも良いし、買い物をたくさんしても大丈夫だし、燃費も上々で日常生活において何の不満もないお気に入りの車となった。残念ながら結婚式以来オープンカーに乗る機会は一度もなかったけれど、あのワクワク感が忘れられなくて、またいつか乗ってみたいなとこっそりと思っていた。今までは「車は荷物を運ぶための道具」だと思っていたけれど、それだけじゃなくてもしかしたら「ドキドキしたり感動できたりする特別なモノ」なのかもしれない。

つい先日、会社から帰宅した夫が「2015年に新しいロードスターが出るらしいよ」と教えてくれた。その夜二人でパソコンを覗き込んで、ロードスター誕生25周年記念のイベント「MAZDA ROADSTER THANKS DAY IN JAPAN」を視聴した。世界で初めてお披露目された真っ赤なロードスターを画面越しに眺めながら「すごくかっこいいね!」とひとしきり盛り上がった。口には出さなかったけれど、絶対に二人とも沖縄でのロードスターを心の中で思い出していたに違いない。映像を見終わった夫が「・・・来年、うち車検だったっけ」とポツリと云った。今まで所有するつもりなんて全くなかったけれど、見るたびに幸せな気持ちを思い出す新しい白いロードスターを我が家に迎えるのもいいかもしれない。屋根をオープンにした新しい車と一緒に過ごす我が家の日常は、きっとあの時のようにキラキラと輝いた素敵な思い出として二人の心に刻まれていくことだろう。ここからご記入ください。

私の愛車達

私は20代後半の女性です。私は車が好きです!乗れれば何でもいいって訳ではなく特にMT車!スポーツカーや2シーター、軽四自動車が好きで、割とこだわりを持って乗ってきました。
今まで乗ってきた車は3台あります、1台目は免許取り立てで購入した、中古のスバル ヴィヴィオ ビストロ 5MT車です。平和9年式で、走っていると段差とかでCDデッキの音が飛んだりしましたが、良く走ってくれました。内装もおしゃれで、デッキ部分はさりげにウッドパネルで落ち着いた感じ、女の子好きそうな内装でした。

2代目は元々興味があり、乗りたいと思っていたホンダ ビート 5MT 平成3年式の中古車を知人から譲ってもらいました。
ビートは2シーターオープンカーで軽四で女性の私でも乗りやすいスポーツカーだと思います。シート位置も低く地面を走っている感覚がすごく感じられました。内装が良くて、メーターの形がかっこいい!平成初期に作られたとは思えない、今見てもかっこいいデザインだと思います!またMTのチェンジのストロークが短めなので一速二速と入れるときはスコッと入り運転することが楽しいです。エンジンは軽四なので660ccなんですが、MRなんで登りや下り坂で後ろから押してくれる感じでとても走りやすく馬力も感じられて本当に楽しい車でした。あと、オープンカーですから、天気のいい日は幌を開けて走るのはなんとも言えない爽快感がありました。難点といえば人は2人乗車までだし、幌から雨漏りも多少あるし、古い車ですので今購入するとなると純正部品もだんだん廃盤になっており、元々の状態も悪い。すぐ、トラブルがおきて直さないといけないというところですかね。
しかし、直す度に愛着が湧いてきました。ダメな子ほど可愛いってやつですかね(笑)

そして、3台目、現在乗っている車。
中古、ダイハツ エッセカスタム 5MT 23年式。
結婚、妊娠を機にビートから乗り換えることになりました。
ビートに愛着が結構あり、手放すのは辛かったのですが、家族が増えるので、二人乗りの車だと不自由するのでと言うことで換えた訳です。

エッセカスタムはビートに乗ってたころから気になっていた車で、なによりMT車があるというとこが決め手でなおかつ価格が安い。
ボディの形も好みでしたし、ちゃんと4人乗れて、トランクも小さいですがベビーカーがなんとか積むことができたので良かったです。
ビートに比べると走る楽しさはあまりなくなりましたが、新しい車なので内装が綺麗、価格を安くするため余分なものがついていなくてスッキリしていてすぐ馴染めました!
当分乗り換える予定はないです。

車が欲しくなるとき

免許を取って5年。都心で働き、東京23区内に暮らしていた私にとって車は必要なものではなく、この5年間ほぼ車に乗るようなことはなかった。いわゆるペーパードライバーだ。免許といえば、便利な身分証として機能しているだけ。そんな私が転職を機に一旦実家に戻ることになり、状況が一変した。

私の実家は一応東京都内ではあるものの、西のはずれの山の中。最寄駅まで歩いて40分もかかるようなところで、車がないととても不便だ。初めのうちはバスや自転車での移動も試みていたものの、とにかく効率が悪く時間がかかる。今まで駅徒歩1分の生活をしていた身には、移動に手間がかかるというのはなかなか苦痛なことだった。
「これはもう車に乗れるようになるしかない」
意を決した私は、暇を見つけては車に乗るようになった。

もちろん5年間ほとんど車に乗らなかったので、初めから一人で乗るのは無謀というもの。嫌がる家族を無理やり助手席に載せ、練習に付き合ってもらった。だが、当然忘れているだろうと思っていた運転の仕方も、何度か乗るうちにすぐに感覚が蘇ってきた。さすがに駐車はなかなかうまくいかず、ヒヤリとすることがなかったわけでもないが、ものの2週間ほどで一人で運転しても大丈夫だろうと思える程度になった。5年間「私は運転ができない。運転は怖い」と思い込んでいたのが嘘のようだ。そうなればもうこちらのもの。実家には幸い2台の車があり、基本的に好きな時に車に乗れる環境が整っていた。私は車の便利さにハマり、家族の中で誰よりも車に乗るようになった。

にわかに車好きになった私。ただ、運転することにハマっただけで、車種などには当初全く興味がなかった。しかし、タイミングよく実家で車を買い換えることになったのだ。もちろん居候同然の私に車種の決定権などあるわけもなかったが、カタログを眺めたり、ディーラーにくっついていって車を見たりするのはとても楽しかった。今回はSUZUKIの軽自動車を購入するという計画らしく、ほとんどそれしか見ていないのだが、それにしても可愛い車が多かった。一番安いアルトなら頑張れば今の私にも買えそうだし、外観の形が特徴的なラパンも可愛い。そのラパンをさらに可愛くしてしまったようなラパン ショコラもいいな。いや、いまCMでよく見かける「遊べる軽」のハスラーも捨てがたいか。もうこれは女の子ならみんな好きなんじゃないかな。

今まで車はただの移動手段だと思っていた。だから、都心にいて電車やバスが発達していれば持つ必要はないと思い、興味がなかった。でもそれは、少しもったいないことだったかもしれない。今時の車は、「移動手段以上の価値」を提供するものに変わってきている気がする。いや、前からそうだったのかもしれないが、それに気づいていない人はまだ多いと思う。今はまだ自分の車を買うには至っていないけれど、いつか必ず買いたい。そして、私だけの可愛い車に乗って、どこまでも行きたい。

車へのこだわりはないようで、あるような…?

狭い道の車の行き来、やれば出来るのだけど、まずはドキドキしてしまう。そんな小心者の私が購入する車に求める点は、小さくて小回りが利くということです。

それから、速いスピードで車がぶつかれば危険、という当たり前のことですが、とにかく何かあった場合になるべく頑丈で安全であってほしいと思う、またも小心者の私。

たとえ、コンピューター制御で安全システムが働くと聞いても、コンピューターが突然壊れたらどうなるのだ!?と不安が頭をもたげます。そんな私をしっかりと安心させてくれる頑丈な作りであって欲しいのです。

普段走る道に、傾斜のある曲がり角があるのですが、そこを曲がるたびに変な遠心力が掛かります。

そのたびに横転するのではないかと心臓がバクバクするのですが、この不安を解消してくれる車はないかしら…と思うと、やはり今乗っている車体の高い軽自動車ではダメだとの結論に至ります。

維持費の安い軽自動車は、暮らしのドキドキ不安感を感じずに済みますが、その代わりに走りの安定感のなさが不安という訳です。

費用の面を百歩譲って、次は普通自動車を購入するとします。たぶんしないけど、もしも普通自動車を購入すると思うと、なんだかちょっとワクワクします。

現在、荷物や犬を載せているので、それに向いた形の車というと、パッとしない車に限定されてしまうのかな…あまり車を知らないのでよく分かりませんが、そんな実用面はこの際無視して、自分の好きなタイプの車、運転してみたい車を好きに選んでみて、と、もしも誰かに言われたなら、こう答えます。

車体の長い、昔の不良(ヤンキー文化より前の不良)が乗ってたような車。アメ車というのかしら。

外国製の輸入車ということですね?未来的な形の車より、角ばった感じの「ザ、機械」という風体の車の見た目に惹かれます。

家庭で使う電化製品も、そのようなものを好んで使っています。

一度レンタカーを借りて、そのような車を運転してみたいとよく思います。一般道を走るのは自信ないので、どこかのんびりとした土地で好きな車を試せる場所ってないかしら。書きながらふと思いました。

小心者の私は車の事故が怖かったり自信がないだけで、そんなに運転が下手というわけではたぶんないのです。

運転や道に自信が持てて、ほんとうに好きな色形の車に、犬も荷物も載せることができたらきっと幸せでしょう。私は女性向けといわれる商品にはどんなジャンルであってもほぼ興味がありません。

そのようなものはたいてい良くないからです。特に機械ものは武骨はほうが絶対に格好いい。女性向けという言葉を使わずに、私のような女性が魅了される車をどんどん作って欲しいです。

安全面にも配慮した、シンプルで武骨な、包容力のある車を。

車の自動運転や自動停止システムに物申す!

私は、車の運転が好きだ。マニュアル・トランスミッションの自動車ならばどのようなタイプの車でもよい。スポーツタイプでも乗用車でも軽自動車でも。マニュアル車であればどのような車でも「車の運転」が楽しめる。マニュアル車の「運転の楽しみ」は、「車を運転している」気分にある。エンジンの回転数とシフトアップのタイミングを合わせてクラッチをつないだり、シフトダウンしてエンジンブレーキとフットブレーキを利かせながらコーナーへ進入しすばやく抜け、加速するときの爽快感はたまらないものがある。マニュアル車の運転は、その車の特性を理解できるとさらに楽しめる。理解したうえでその車を操つるのだ。だから「車の運転」を楽しめる。一般道でも山道でも高速道路でも、どこを走っていても「車の運転」が楽しい気分になる。
 ところが、オートマ車では、何も考えなくてもシフトアップ、シフトダウン可能であり、アクセルを踏めば簡単に前に進むことができる。一般道でも高速道路でも山道の運転も何も気にする必要はない。しいて言えば、山道の下り坂でエンジンブレーキを使うときくらいか。それ以外はすべて「車に運転させられている気分」になる。だから、運転しても全然楽しめない。パドルシフトやセミオートマのようなシステムもあるが、ほとんど「車の運転」の楽しみがなくなってしまった。非常にさみしい思いである。
 マニュアル車が好きなため、自動車購入する際、自動車選びにも苦労するようになった。以前、こんなことがあった。ホンダのシビックにVTECエンジンと新開発された無段変速マルチマチックが搭載されてモデルチェンジ発売された時のこと。自分は当時、親類からもらった1台目(当然マニュアル車)乗りつぶし、2台目の購入に狙っていた車がシビックだった。マルチマチックがホンダ・シビックの「売り」なのに、自分はマニュアル車を希望したため、何度も営業マンに「ホントにMT車ですね?」「いいですね?」と確認されたのだった。もちろん後悔もしていないしベストな選択をしたと思っている。
 そんなことがあった過去から今現在は、マニュアル車を選択することがさらに難しくなっている。今ではプリウスなどに代表されるハイブリット車が中心のためマニュアルの設定は皆無である。さらに残念なニュースがあった。自動車の自動運転機能が付いた車が実用化され、一般に販売されようとしているのだ。すべてがオートマ化し、運転手は座っているだけなのか?エンジンの回転数とシフトダウンやアップでクラッチをつなぐタイミングを合わせる快感は、走り屋やレーサー以外楽しめなくなるのか?F1でもオートマの時代だから仕方なしか。
 本当に、車の運転をコンピュータや機械ごときに任せていいのだろうか?自分は怖くて絶対に任せられない。もし、突然そのシステムが故障して誤作動を起こしたらどうするのか?自動停止装置なんかは一番怖くて信用ならない。走っている最中に急停止したら自分も周りもパニックになるであろう。また、自動運転、自動停止装置などは人間に本来備わっている危機回避能力を下げるだけのシステムでしかないと思う。これらの装置を開発した人間はその能力を人に知らしめることができたことであろう。しかし、人類を低能力化することに加担してしまったことに気付いていないのか?「車の運転の楽しみ」を機械にゆずってしまう。それほど人間はおろかになったのか。

マニュアル車の存続を!

“初めて普通車免許取得を目指して自動車教習所へ通いだしたのは高校の卒業式を終えた3月の上旬、近所の幼馴染とともに自転車で通いました。
免許を取得した後乗っていたのは、父親の所有するマニュアルのワゴンタイプで彼女のデートには似つかわしくない古めかしいファミリーカー。
当時の彼女も少し引いた感じで助手席へ、それから半年後はスポーツタイプの車に乗る男の助手席に乗り換えていました。

その後大学生になり、通学のためにと父親とともに車を探していると大学近所の小さな車修理工場で店頭販売されていた中古の車を発見。
マツダのファミリアでセダンタイプの1000cc、しかも乗りなれたマニュアル車ということで即決で買いました。
車検も切れていて修理工も買い取った時の現状維持された車体でしたが、錆も少なくエンジン音もとくに異常はなかったので、そのまま修理工へ簡単な修理と車検を任せました。

1週間後手続きが済んだという連絡を受けて父と受け取りに行くと、修理工のご厚意でワックスまで塗られて受け取りました。
初めての自分の車とあってうれしくて、そのままひとりで100キロドライブして帰宅すると母親はあきれて寝ていました。
その夜は父親と酒を交わしながら車の扱いと簡単なメンテナンスなどを教わり、1か月ほど車を所持する心構えも踏まえて父と語る夜が続きました。

それから数年後結婚し、妻が妊娠したときに「乗り降りするときに座面が低くてつらい」ということで製造から13年を超えたファミリアと別れることにしました。
次に新しく家族となった車は、メーカーの新古車で並んでいたマニュアル車。
マツダのデミオ、ハッチバックタイプの1300ccを購入。妻はマニュアルであることから両家の親族が誰も代わりに運転することができないことを意見しましたが、
好きで運転するので代行をお願いすること自体ありえないと突っぱねて独断で決めてしまいました。

長女が4年生になるまでの9年間、製造から11年を迎えるまで家族とともに走り回ってくれたデミオもエンジントラブルには耐えられずまた別れることになりました。
現在は知人から安く譲り受けたスズキのMRワゴンを運転。初めてAT車を所持して運転していますが、これだけ簡単に運転できていることに物足りなくなってしまいます。

あと5年、5年したらしっかり頭金を貯めてまたマニュアル車を探し出したい、そんな想いを家族には知られることなく抱き続けています。

マニュアル車の製造は限りなく少なくなってきていますが、絶対に無くならないでほしい。
マニュアル車だけがもつ操作性というのは、好きなドライバーにしかわかりません。

きっと素敵なマニュアル車と出会いますように。”

私が初めて購入して乗った車はダイハツ ミラでした。

私が初めて購入して乗った車はダイハツ ミラでした。かなりのポンコツでしたが私にとって初めての愛車です。
この車は、購入して数日は快適に乗車できました。ですが、数日したら何となく調子が悪い気がするなぁと思いながらも買ったばかりだし大丈夫!!と自分にも言い聞かせながら乗っておりました。
しかし、やはり気のせいではなく調子が悪い!!と思い修理へ。
実際の購入代金より修理代金が高くなってしまいました。
ですが、それからしばらくは愛車として頑張ってくれました。廃車にするときはとても寂しかったのを今でも覚えております。
次に購入して愛車になってくれたのはホンダのシビックです。
軽自動車とは違い音も静かで乗り心地バツグンでした。
当時は普通車に乗るなんてかなり態度が大きいと思われていましたが、私にはそんなことはお構い無しで愛車を洗車場で洗車してワックスをかけて丁寧に扱いました。毎日ピカピカの車体を目指して愛情を注いで磨きあげました。車の知識はゼロでしたが、それなりに愛車の為に頑張ってみました。
結局、愛車は弟が乗ることになり私はシビックを手放しました。
次に購入したのは、スズキのワゴンRです。結構走行距離はあったのですが、頑張ってくれました。そこから私のワゴンR人生が始まりました。
何故だかかなり気に入ってしまいまして、未だにワゴンRのとりこです。
車体の雰囲気が好きで、他の車をみていてもやっぱりワゴンRが一番だなぁと思います。内装も歴代のワゴンR一台一台が好きですし、愛着があります。色も一度は浮気しましたかやっぱり白が一番です。
型があまり変わらないのも魅力的です。昔のワゴンRと今のワゴンRは変わらない気がします。流行の型に乗ってしまうと何年間かしたら古臭く感じる事もあったのですが、ワゴンRはそれが無い気がします。いつまでも変わらない姿がワゴンRにはあるように思います。愛車と呼べるかは分かりませんがそれなりに愛着があったシビックとは明らかに違い外装が何年経っても変わらないと言うのは素晴らしい事だと思います。これからもまだまだたくさんの車がハンバーガーされて行くなかで変わらない姿を目指しつつ、車体はまだまだ進化を続けていって欲しいと思います。私の願望からいくと車体はそのままで中身を進化させて欲しいと思います。勝手な要望を挙げるときりがないですが、それだけワゴンRに対する思い入れは人一倍だと言う事が伝われば幸いです。